エストコーポレーションの助成金から評判などについて

エストコーポレーションの助成金から評判などエストコーポレーションの採用など色々調べてみました

エストコーポレーションからFAXで助成金の無料サポートの案内がきました


エストコーポレーションからFAXで助成金の案内がきました。
FAX案内には適切な社労士を紹介します、費用は一切かかりませんと書いてありました。通常ですとこの手のサービスは相談するだけでもお金は発生しすよね。
エストコーポレーションでは相談も無料で成果報酬ですので一切お金がかからず相談でき申し込むこともできるらしいです。

なぜ無料なのか?


なぜ無料でできるのでしょうか。一般に社労士にお願いすると初期費用は殆ど掛かりますよね。エストコーポレーションは成果報酬をとっていて、助成金が受給できたらその内の何パーセントを下さいという仕組みらしいです。ですので、申込者はリスクもなくお願いすることができます。

評判は?

FAX案内が迷惑など営業方法に対しての口コミはいくつか見当たりましたが、
実務的な内容においての評判特に悪い内容は見当たらなく、逆に対応がしっかりしていたや、しっかり相談にのってくれたのでポジティブな意見もあり、一般の助成金をサポートしている会社に比べると評判は良い方だと思います。
また、近年中には上場を目指している会社らしいので、安心して相談できます。


助成金って知らない人が多い


助成金の種類って知らない人が多いですよね。私の周りの独立している方も助成金の受給ができることを知らずに申請期限が過ぎ逃してしまったと良く聞きます。助成金は都度申請方法や内容が変わりやすいので、気になったらなるべく早く申し込みと良いでしょう

エストコーポレーションの助成金コンサルの評判を調査してみました②

エストコーポレーションの評判①

新規雇用にかかるコストを用意するには、大きな投資が必要不可欠。
経営が大変な中小企業にとっては、助成金無しでは超えられない壁だと考えていました。
そんな時にエストコーポレーションのコンサルティングを受けて、新たな道が拓ける可能性を知りました。
まさに目からウロコの情報がもらえたのは言うまでもありません。

エストコーポレーションの評判②

高齢化が進む当社の人材。
福祉の分野で活躍する志の持った若者パワーを取り入れるためにも、エストコーポレーションへの相談を実施。
解決策は見いだせたので、あとは離職率を低下させ、育成するスタッフを順調に育て上げるだけです。

エストコーポレーションの評判③

正規雇用に格上げすることは、会社の体力をアップさせる効果があるもの。
それはわかっていても実現が難しかったのですが、この度相談したエストコーポレーションの力添えによって、助成金を活用した人材育成のモデル作りができるようになりました。
古い考えを押し通すのではなく、新たな知識を施設長が学んだことで、こんなにも大きく働く環境を変えられるとは思いませんでした。

エストコーポレーションの評判④

働く意欲を高めるためには、給料をはじめとした処遇にメスを入れる必要があります。
エストコーポレーションは助成金コンサルティングを実践しながら、企業にとって必要なものを考えてくれます。
企業努力を数値化するためのアイデアがもらえたので、あとはキャリアアップという目標に向かって前進あるのみ。
雇用の質を改善させるチャンスは、企業を育てる優秀な人材を確保するためには必要です。

エストコーポレーションの評判⑤

正規雇用人数を増やすための手立てをエストコーポレーションから教えてもらったのですが、その後の社労士の方との相談もスムーズ。
問題は入ってくれたスタッフが定着するかでした。
離職率の低下を食い止めることができたのも大きかったですし、生産性の向上によって上乗せされた助成金を支給してもらえたのは大きかったです。

エストコーポレーションの評判⑥

技能実習を受講させるためにも助成金が使えるとは思わず、はじめにエストコーポレーションさんからお話を受けたときには信じがたい部分がいくつかあったのは正直なところ。
今まで国からの支援を受けた経験がなかったので、中小企業を支えるための法的措置があることに驚きを隠せない状態でした。
今となってはわが社のウリができて、業績までも上方修正できる生産効率アップが実現。 私も社員も喜んでおります。

エストコーポレーションの評判⑦

建設業を営んでいるのですが、社員の研修をどうやって受けさせようかを考えていた時に、エストコーポレーションの方と繋がることができました。
助成金コンサルティングを受けることとなり、あとは社労士と話を詰める段階。
相談して会社が良い意味で変わってくれることに期待を寄せています。

エストコーポレーションの評判⑧

細かな相談にも対応してくれて、エストコーポレーションには本当にお世話になりました。
力不足で助成金の対象外になってしまったのですが、会社にとっては貴重な経験を積ませてもらったと思っています。

職場定着支援助成金とは?メリットは?

職場定着支援助成金は、雇用管理制度を導入し、管理体制を改善する活動への助成を行うものです。

また、介護の分野で雇用管理体制を改善していくことへも助成金が支給されます。

職場定着支援助成金は介護福祉機器に関する助成や、保育労働者雇用の管理制度を助成することも行っています。

どのようなコースを選択するかは企業によって違うでしょうが、それぞれのコースに導入しなければならないものが存在します。

雇用管理制度助成コースは、雇用管理制度の導入が必須です。

その内容には、評価・処遇制度、研修制度、健康づくり制度、メンター制度、短時間制社員制度(保育事業主に限る)について、雇用管理制度整備計画を立てなければなりません。

保育労働者雇用管理制度助成コースであれば、保育賃金制度整備計画を作成する必要があります。

介護労働者雇用管理制度助成コースも、介護賃金制度整備計画を作成します。

こうした計画の実践によって、離職率を低下させることができたときには、職場定着支援助成金が支給されます。

介護福祉機器助成コースは、介護福祉機器の導入・運用計画をまとめ、介護労働者の労働環境向上を図ることが目的となります。

こちらの助成も、離職率の低下が成果として必要です。

離職率が低下すると、目標達成助成というものが支給されるのも職場定着支援助成金の特徴。

職場定着支援助成金のメリットは、離職率に悩む経営者の悩みを解決するだけでなく、働く人々にも安定の生活を与えられる環境が提供されます。

仕事に必要なスキルの獲得にも大きな介入となる雇用管理制度助成は、教育システムの見直しにも影響を与えます。

教育者の育成にも力を入れることができるということは、継続的な仕事の質を高める体制を備えるに至ります。

雇用管理体制が変化するのは、ワークライフバランスの満足度を高める効果があり、結果的に職場満足度向上が叶えられます。

その結果、離職率低下が実現するのです。

職場定着支援助成金は目先の離職率を低下させるのではなく、働く側にも継続して仕事をすることに意義を感じてもらうための雇用環境を確保する支えとなるものです。

厚生労働省から呈示されている職場定着支援助成金の概要を確認しながら、職場環境の改善に向けて動き出すと、働きたいと思える待遇が固められます。

人材開発支援助成金とは?メリットは?

人材開発支援助成金は、旧キャリア形成促進助成金から名称が変更となっています。

助成金の対象となる人材育成制度は、かつては4つのコースから成り立っていたのですが、現在はキャリア形成支援制度導入コースと、職業能力検定制度導入コースの2つに再編されています。

キャリア形成支援制度導入コースは、定期的なセルフ・キャリアドック制度を導入・実施した場合、労働者に教育訓練休暇制度又は教育訓練短時間勤務制度を取得させる制度を導入・実施した場合が助成の対象です。

職業能力検定制度導入コースは、技能検定に合格した従業員に報奨金を支給する制度を導入・実施した場合、社内検定制度を導入・実施した場合、事業主団体等のみを対象としますが、業界検定制度を作成し、構成事業主の労働者に当該検定を受検させた場合にも女性を行ってくれるものです。

助成額はどちらのコースも同じです。

生産性要件を満たしている企業については、助成額を引き上げる措置が取られます。

適用する人数や日数は、企業の規模によって変化します。

この助成金制度は人材育成に特化したもので、企業の体力をアップさせる効果があります。

今まで以上に生産性が向上するような結果が残せるようであれば、事業主に上乗せされた助成金の支給が行われるのも特徴です。

つまり、努力して成果を残すことができると、優れた人材を手に入れるだけでなく、企業が背負うコストの削減も同時に行われます。

人材開発支援助成金は計画の立案から実行、成果の検証に至るまで、助成金の条件を満たすために細かな確認が必要です。

企業の規定を考え直すなど、働く人が守られるシステムを作ることも必要です。

人材開発支援助成金のメリットを手に入れるためにも、企業がしなければならないことを客観的にコンサルティングできるパートナーを求める事業主が増えています。

それは、制度を導入して助成金支給を確実に受けなければ、企業負担が増えてしまうからではないでしょうか。

助成金申請書類の作成や企業に新たな制度を盛り込むことも大きな負担となるはずです。

それを解決するためにも、助成金コンサルティングの力を借りて導入を検討する企業が増えています。

エストコーポレーションの助成金コンサルの評判を調査してみました①

エストコーポレーションの評判①

助成金の申請作業は非常に煩雑。
それを経営陣が感じることなく作業が進められたのは助かりました。
離職率の問題を解決するために職場で何を改善するべきかも提案してもらえました。
ただ、結果的に目標値の達成が難しく助成金の受給はできなかったのですが、それでも労働環境を前よりも改善できたのは良かった。

エストコーポレーションの評判②

綿密な計画を一緒に考えてくれるのは、単に利益を欲しているからでは無いよう。
企業が成長するために人的な問題を解決しなければならない時に見つけたのは、運命的なものを感じます。
まだ全てのプロジェクトが終了していませんが、昔に比べると企業としての底力は感じられるようになりました。

エストコーポレーションの評判③

正規雇用の拡大を図るために相談を行いましたが、国からの補助を受けて会社が成長できることを知ったのは、大きな分岐点でもあったと思っています。
助成金に関するコンサルティングを行ってくれるのは、精通した人の手を借りるのが一番ですね。

エストコーポレーションの評判④

キャリアアップのための方策を相談し、助成金コンサルティングをして頂きました。
社労士の方への実務の繋ぎもしっかり行われていたので、計画の立案をどうすれば良いかという問題も早々に解決できました。
明確な使途を決めることもでき、弊社としても相談して良かったという思いがあります。

エストコーポレーションの評判⑤

エストコーポレーションに依頼した助成金に関するコンサルティングは、社労士と二人三脚で進められる印象です。
計画の選定には時間を要しましたが、丁寧に対応してくれたこともあり会社の未来を考えるきっかけにもなりました。
経営陣と一緒に話し合いに臨んだのですが、知識の無い自分にもきちんと話をしてくれたため、独立することがあれば国からの助成について相談したいと思いました。

エストコーポレーションの評判⑥

率直に言うと物足りなさを感じてしまう。
なぜなら、こちらが経営的な面での人材育成の意義を話しても、助成金にあてはまるための形作りをされてしまい、どうも思いが錯綜している。
それでも雇用に関する問題意識を共有し、最後はきちんと結果を残してくれたことには感謝している。

エストコーポレーションの評判⑦

企業に見合ったコーディネーターとして、エストコーポレーションの助成金コンサルティングはアリだと思う。
経営を知っている人であれば、誰もがコスト意識を持って人材育成や未来の事業計画を立てるもの。
業界のことをわかっているパートナーとして相談できるため、事業の軌道修正を行う場合にも対応をお願い。 客観的な視点から話せる人がいるのは、経営にとって心強いです。

エストコーポレーションの評判⑧

高齢化が進んでいる会社の危機感を打開するため、雇用のデメリットを小さくしたいという思いをエストコーポレーションへ相談しました。
雇用環境の改善を行うことに目を向け始めた現在は、「このままではいけない」という考えを共有できています。
それは、助成金業務をコンサルティングしているエストコーポレーションに企業の膿を晒したからこそ、解決に向けた歩みができたのだと考えます。

エストコーポレーションの採用情報を調べてみた

エストコーポレーションは常に変わり続けるIT業界のなかで、医療や福祉という時代において取り残されている変化のない分野にシステムとして働きかける会社です。業績も常に右肩上がりの実績があり5年間という短いスパンで売上も5000万円から6億7000万円という急成長を見せています。急成長する企業に就職・転職したいと思う人も多いはずです。

そんなエストコーポレーションの採用情報はどうなのでしょうか?

エストコーポレーションの採用情報とは?

エストコーポレーションの採用情報について調べてみると、様々な分野で人材の採用を行っていることがわかります。HPにも記載があるように「その若さが会社(わたしたち)を動かす」といい、勢いのあるやる気のある人材であれば業種を問わないインターンシップや新卒・転職などのどんな人でも積極的に採用しているようです。

スピード感もある事業展開を行う企業ならではともいえるでしょう。

  • エストドックのWEBプロデューサー・部長などのエンジニア
  • 社長室の新規事業・営業マン
  • 新規事業のマーケティング
  • 営業戦略の立案や営業など、リーダー職も
  • システムのディレクター、SEOディレクター
  • 記事を作成するライター(取材兼任)
  • 経理

などの様々な分野で活躍できる人材の募集があります。

働きやすさはどう?

雇用形態もアルバイトからパート・正社員などの選択ができるのでまずはエストコーポレーションについて、試しに働いてみたいなどの働き方もあります。「女性の働きやすさ」「年功序列」などの仕組みはないので実績を積んだ人は昇給できる仕組みです。実際にアルバイトからエストコーポレーションに勤めて正社員として雇用された人もたくさんいます。

エストコーポレーションの男女比4:6で女性の方が多く、子供がいるご家庭でも残業が少なくお休みがしっかりと取れるからこそ、働きやすいといいます。エストコーポレーションの採用について調べてみるといかに働きやすい環境を大切にしているのかが伝わってきます。

分野も幅広いので医療業界や福祉に関わる成長企業として働くのもいいのではないでしょうか。もちろん採用までに面接がありどうしてエストコーポレーションで働きたいと思ったのかなどの面接もあります。採用自体は年間を通して行っているので、実際に働いてみたい人は挑戦するのもいいのではないでしょうか。

エストコーポレーションは常に新しい事業に挑戦しているので、昇給のチャンスもある働きがいのある企業だと感じました。

エストコーポレーション助成金のサポートの活用方法

エストコーポレーションではどのような助成金のサポートをしてくれるのでしょうか。 厚生労働省が行っている助成金は毎年都度変わり、助成金を初めて申請する法人様は 「自分の会社で受給できる助成金はないのか」「助成金申請のサポートってどんなことをしてくれるのか」など、不明な点が多いと思います。 ここではエストコーポーレーションの助成金申請サポートの活用方法をまとめました。

エストコーポレーションが申請サポートしている助成金の種類

助成金って色々種類があり、1年周期のタイミングで変わったりします。 エストコーポレーションのホームページを見ると申請サポートしている助成金大きく分けて4つあります。

キャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金って名前通り自社の社員のキャリアを上げれば助成金が受給できる制度です。「有期雇用」を「正規雇用」や「無期雇用」を「正規雇用」などに上げるやり方です。 受給要件はいくつかあり、キャリアアップの計画書を作り労働局長の認定が必須だったりキャリアアップ対象者に6ヶ月雇用を維持・賃金を支払いなど、それ以外にも色々条件があります。

人材開発支援助成金

人材育成制度とは会社が組織的もしくは事業主が厚生労働省が定めたルールのもとに 人材育成のプランやキャリアをアップさせるための制度を作りその対価として助成金が受給できる制度です。その中でもキャリア形成支援制度導入コースや職業能力検定制度導入コースなどがあります。申請や計画などは方法はとても複雑で普段から自社の人材育成を行っている会社でも厚生労働所が定めたルールに合わなければ受給要件が満たされません。エストコーポーレーションはその複雑な助成金制度をサポートしてくれます。

人事評価改善等助成金

人事評価改善等助成金は最近新しくできた助成金制度で 社員と給与の2%を上げることを目指し、同意し会社の就業規則にしっかりと明記し 労働基準監督署に提出する必要があります。 私も助成金についてしっかりとした知識はないのですが キャリアアップ助成金は社員ひとりひとりに対して賃上げやキャリアをアップさせれことにより受給資格条件を満たすことに対して、人事評価改善等助成金は会社全体が社員と 2%を給与を上げることを約束し、就業規則に記載することにより助成金はもらえる仕組みです。

職場定着支援助成金

職場定着支援助成金は名称の通り「社員の定着」に関しは会社が行うことを主としている助成金制度です。 例えば、「評価・処遇制度」「研修制度」「健康づくり制度」などがあります。 受給条件はしっかりと考えた雇用管理制度整備計画を提出したり現地実施調査をしたりします。

エストコーポレーションは良い社労士の紹介をしてくれるらしいです

助成金の種類って沢山あり、お役所だからでしょうか、一つ一つしっかりと書類を作らなくてはなりません。知り合いの社長さんで一度、助成金の申請をしてみたという方がいたのですが、最初は簡単に書類を作り申請するだけだと考えていらっしゃったらしいのですが、凄く大変だとおっしゃっていました。エストコーポレーションはどんな助成金があるのかなどのサポートをし、書類作成などの実務の部分は提携している社労士を紹介しています。