エストコーポレーション助成金

エストコーポレーション助成金について

エストコーポレーションの採用情報を調べてみた

エストコーポレーションは常に変わり続けるIT業界のなかで、医療や福祉という時代において取り残されている変化のない分野にシステムとして働きかける会社です。業績も常に右肩上がりの実績があり5年間という短いスパンで売上も5000万円から6億7000万円という急成長を見せています。急成長する企業に就職・転職したいと思う人も多いはずです。

そんなエストコーポレーションの採用情報はどうなのでしょうか?

エストコーポレーションの採用情報とは?

エストコーポレーションの採用情報について調べてみると、様々な分野で人材の採用を行っていることがわかります。HPにも記載があるように「その若さが会社(わたしたち)を動かす」といい、勢いのあるやる気のある人材であれば業種を問わないインターンシップや新卒・転職などのどんな人でも積極的に採用しているようです。

スピード感もある事業展開を行う企業ならではともいえるでしょう。

  • エストドックのWEBプロデューサー・部長などのエンジニア
  • 社長室の新規事業・営業マン
  • 新規事業のマーケティング
  • 営業戦略の立案や営業など、リーダー職も
  • システムのディレクター、SEOディレクター
  • 記事を作成するライター(取材兼任)
  • 経理

などの様々な分野で活躍できる人材の募集があります。

働きやすさはどう?

雇用形態もアルバイトからパート・正社員などの選択ができるのでまずはエストコーポレーションについて、試しに働いてみたいなどの働き方もあります。「女性の働きやすさ」「年功序列」などの仕組みはないので実績を積んだ人は昇給できる仕組みです。実際にアルバイトからエストコーポレーションに勤めて正社員として雇用された人もたくさんいます。

エストコーポレーションの男女比4:6で女性の方が多く、子供がいるご家庭でも残業が少なくお休みがしっかりと取れるからこそ、働きやすいといいます。エストコーポレーションの採用について調べてみるといかに働きやすい環境を大切にしているのかが伝わってきます。

分野も幅広いので医療業界や福祉に関わる成長企業として働くのもいいのではないでしょうか。もちろん採用までに面接がありどうしてエストコーポレーションで働きたいと思ったのかなどの面接もあります。採用自体は年間を通して行っているので、実際に働いてみたい人は挑戦するのもいいのではないでしょうか。

エストコーポレーションは常に新しい事業に挑戦しているので、昇給のチャンスもある働きがいのある企業だと感じました。

エストコーポレーションからFAXで助成金の無料サポートの案内がきました


エストコーポレーションからFAXで助成金の案内がきました。
FAX案内には適切な社労士を紹介します、費用は一切かかりませんと書いてありました。通常ですとこの手のサービスは相談するだけでもお金は発生しすよね。
エストコーポレーションでは相談も無料で成果報酬ですので一切お金がかからず相談でき申し込むこともできるらしいです。

なぜ無料なのか?


なぜ無料でできるのでしょうか。一般に社労士にお願いすると初期費用は殆ど掛かりますよね。エストコーポレーションは成果報酬をとっていて、助成金が受給できたらその内の何パーセントを下さいという仕組みらしいです。ですので、申込者はリスクもなくお願いすることができます。

評判は?

FAX案内が迷惑など営業方法に対しての口コミはいくつか見当たりましたが、
実務的な内容においての評判特に悪い内容は見当たらなく、逆に対応がしっかりしていたや、しっかり相談にのってくれたのでポジティブな意見もあり、一般の助成金をサポートしている会社に比べると評判は良い方だと思います。
また、近年中には上場を目指している会社らしいので、安心して相談できます。


助成金って知らない人が多い


助成金の種類って知らない人が多いですよね。私の周りの独立している方も助成金の受給ができることを知らずに申請期限が過ぎ逃してしまったと良く聞きます。助成金は都度申請方法や内容が変わりやすいので、気になったらなるべく早く申し込みと良いでしょう

エストコーポレーション助成金のサポートの活用方法

エストコーポレーションではどのような助成金のサポートをしてくれるのでしょうか。 厚生労働省が行っている助成金は毎年都度変わり、助成金を初めて申請する法人様は 「自分の会社で受給できる助成金はないのか」「助成金申請のサポートってどんなことをしてくれるのか」など、不明な点が多いと思います。 ここではエストコーポーレーションの助成金申請サポートの活用方法をまとめました。

エストコーポレーションが申請サポートしている助成金の種類

助成金って色々種類があり、1年周期のタイミングで変わったりします。 エストコーポレーションのホームページを見ると申請サポートしている助成金大きく分けて4つあります。

キャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金って名前通り自社の社員のキャリアを上げれば助成金が受給できる制度です。「有期雇用」を「正規雇用」や「無期雇用」を「正規雇用」などに上げるやり方です。 受給要件はいくつかあり、キャリアアップの計画書を作り労働局長の認定が必須だったりキャリアアップ対象者に6ヶ月雇用を維持・賃金を支払いなど、それ以外にも色々条件があります。

人材開発支援助成金

人材育成制度とは会社が組織的もしくは事業主が厚生労働省が定めたルールのもとに 人材育成のプランやキャリアをアップさせるための制度を作りその対価として助成金が受給できる制度です。その中でもキャリア形成支援制度導入コースや職業能力検定制度導入コースなどがあります。申請や計画などは方法はとても複雑で普段から自社の人材育成を行っている会社でも厚生労働所が定めたルールに合わなければ受給要件が満たされません。エストコーポーレーションはその複雑な助成金制度をサポートしてくれます。

人事評価改善等助成金

人事評価改善等助成金は最近新しくできた助成金制度で 社員と給与の2%を上げることを目指し、同意し会社の就業規則にしっかりと明記し 労働基準監督署に提出する必要があります。 私も助成金についてしっかりとした知識はないのですが キャリアアップ助成金は社員ひとりひとりに対して賃上げやキャリアをアップさせれことにより受給資格条件を満たすことに対して、人事評価改善等助成金は会社全体が社員と 2%を給与を上げることを約束し、就業規則に記載することにより助成金はもらえる仕組みです。

職場定着支援助成金

職場定着支援助成金は名称の通り「社員の定着」に関しは会社が行うことを主としている助成金制度です。 例えば、「評価・処遇制度」「研修制度」「健康づくり制度」などがあります。 受給条件はしっかりと考えた雇用管理制度整備計画を提出したり現地実施調査をしたりします。

エストコーポレーションは良い社労士の紹介をしてくれるらしいです

助成金の種類って沢山あり、お役所だからでしょうか、一つ一つしっかりと書類を作らなくてはなりません。知り合いの社長さんで一度、助成金の申請をしてみたという方がいたのですが、最初は簡単に書類を作り申請するだけだと考えていらっしゃったらしいのですが、凄く大変だとおっしゃっていました。エストコーポレーションはどんな助成金があるのかなどのサポートをし、書類作成などの実務の部分は提携している社労士を紹介しています。

エストコーポレーション助成金のメリット

エストコーポレーション助成金のメリット

 

エストコーポレーションの助成金には企業にとって嬉しいメリットがたくさんあります。

助成金のメリットをきちんと理解していないと“うまい話には裏がある”などと勘ぐり心配になってしまう人もいるでしょう。エストコーポレーションの助成金について詳しく説明します。

 

■メリット1「社員の定着化」

 

今の時代、正社員で採用したのにすぐに人が辞めてしまうことやアルバイトやパートばかりで仕事が回らないなど企業ならではの悩みはつきないものです。本来であれば優秀な社員を使い、仕事の効率化をはかれるほうが企業にとってもメリットが多いはずなのに、会社の資金や予算などの関係でそれを実現することができずにいるのです。

 

そんな悩みを解消してくれるのが助成金制度です。非正規雇用を正社員に優先的にあげて会社の人財を育成していくことに繋がります。人財が強い会社は今後の世の中でも強い会社になります。

 

 

■メリット2「キャリア育成」

 

社員のスキルやレベルをあげたいと思っていても、会社から教育の場を提供するような予算はなかなか取れません。パソコンのスキルや営業スキルなど、社員によってムラがあったりモチベーションが低いなどのお悩みもありますよね。

 

エストコーポレーションの助成金制度を使えば、社員のキャリア育成にも存分に資金を投入できるように。社員の質は会社の質に繋がります。

 

 

■メリット3「健康診断」

 

本来であればどの企業も健康診断を導入することは国で定められていますが、実際にできていない企業も多いはずです。社員の福利厚生の一環でもあり、社員の心身ともに健康な状態を守ることは人の定着化に繋がります。

 

 

このようにエストコーポレーションなら、助成金を取り入れることで企業のお悩みを解決するお手伝いができるのです。資金不足なのは仕方がありませんが、企業のトップと社員との気持ちが統一できなくなり人を育てることができない企業になってしまいます。

 

人財とは会社や環境がつくりだしていくものです。エストコーポレーションの助成金制度を利用していまいちど会社の制度について見直してみませんか?

エストコーポレーション助成金 清水社長

エストコーポレーション助成金 清水社長

エストコーポレーションの代表取締役をしている“清水史浩”を知っていますか。
経営に興味がある人、ITや医療の分野で活躍したいと思っている人であれば一度は耳にしたことがある名前かもしれません。この業界では知らない人はいないといえるほど有名人です。


エストコーポレーションの清水社長のすごさ


驚くことに清水社長は小学生から「社長になりたい」と思い続け、22歳で起業した若手経営者として多くのメディアなどでも取り上げられるとても実力派の存在です。

22歳で医療や介護を中心とするITベンチャーエストコーポレーションを立ち上げ、3年間売上が0の期間もありましたが、“医療情報電子化サービス”の事業に成功し全国でも11000の医療機関と400自治体との契約を誇るトップ企業でもあるのです。


エストコーポレーションの清水社長の考え方


清水社長の独自の考え方は経営者こそ「人を巻き込む力」が必要だとしています。
その人それぞれに良さはあるはずです。

例えば簿記が優れている人、営業力が優れている人などそれを1人ですべてやろうとしたらどんなに時間があっても足りるはずがありません。

そんな時に多くの人とコミュニケーションを取ることで「スキルのある人をいかに巻き込むのか」といった経営で大切なことが見えてくるのです。


エストコーポレーションの清水社長の考え方の根本になったもの


なんでもこのパワーの源になっているのは清水社長の父からの「どんな分野でも良いから自分の選んだ道でてっぺんを取れ」という教えがもとになっています。
男は男らしくあるべきだと清水社長に厳しく教育をされたそうです。

あるとき清水社長の父がガンを患い余命半年宣言があったものの、アメリカから輸入した薬の効果もあり約3年も生き延びることができました。
これがきっかけとなり清水社長は医療の分野に興味を持ち始めたといいます。


そんなすごい社長が新しく始めたのが今話題のエストコーポレーション助成金コンサルティング事業です。
雇用も不安定になりがちなこの時代だからこそ、社員のモチベーションをあげるために取り入れることの重要性を訴え、申請のサポートををエストコーポレーションと提携している社労士がおこなっています。新しい事業ではあるものの、清水社長の時代のニーズにあった提案力はさすがだといえるでしょう。

これもまわりに目を配り「何が必要とされているのだろう?」と広い視野を持ちながら事業のきっかけを常に探し続けている清水社長ならではだといえるでしょう。