エストコーポレーション助成金

エストコーポレーション助成金について

エストコーポレーション助成金 清水社長

エストコーポレーション助成金 清水社長

エストコーポレーションの代表取締役をしている“清水史浩”を知っていますか。
経営に興味がある人、ITや医療の分野で活躍したいと思っている人であれば一度は耳にしたことがある名前かもしれません。この業界では知らない人はいないといえるほど有名人です。


エストコーポレーションの清水社長のすごさ


驚くことに清水社長は小学生から「社長になりたい」と思い続け、22歳で起業した若手経営者として多くのメディアなどでも取り上げられるとても実力派の存在です。

22歳で医療や介護を中心とするITベンチャーエストコーポレーションを立ち上げ、3年間売上が0の期間もありましたが、“医療情報電子化サービス”の事業に成功し全国でも11000の医療機関と400自治体との契約を誇るトップ企業でもあるのです。


エストコーポレーションの清水社長の考え方


清水社長の独自の考え方は経営者こそ「人を巻き込む力」が必要だとしています。
その人それぞれに良さはあるはずです。

例えば簿記が優れている人、営業力が優れている人などそれを1人ですべてやろうとしたらどんなに時間があっても足りるはずがありません。

そんな時に多くの人とコミュニケーションを取ることで「スキルのある人をいかに巻き込むのか」といった経営で大切なことが見えてくるのです。


エストコーポレーションの清水社長の考え方の根本になったもの


なんでもこのパワーの源になっているのは清水社長の父からの「どんな分野でも良いから自分の選んだ道でてっぺんを取れ」という教えがもとになっています。
男は男らしくあるべきだと清水社長に厳しく教育をされたそうです。

あるとき清水社長の父がガンを患い余命半年宣言があったものの、アメリカから輸入した薬の効果もあり約3年も生き延びることができました。
これがきっかけとなり清水社長は医療の分野に興味を持ち始めたといいます。


そんなすごい社長が新しく始めたのが今話題のエストコーポレーション助成金コンサルティング事業です。
雇用も不安定になりがちなこの時代だからこそ、社員のモチベーションをあげるために取り入れることの重要性を訴え、申請のサポートををエストコーポレーションと提携している社労士がおこなっています。新しい事業ではあるものの、清水社長の時代のニーズにあった提案力はさすがだといえるでしょう。

これもまわりに目を配り「何が必要とされているのだろう?」と広い視野を持ちながら事業のきっかけを常に探し続けている清水社長ならではだといえるでしょう。