エストコーポレーションの助成金から評判などについて

エストコーポレーションの助成金から評判などエストコーポレーションの採用など色々調べてみました

人材開発支援助成金とは?メリットは?

人材開発支援助成金は、旧キャリア形成促進助成金から名称が変更となっています。

助成金の対象となる人材育成制度は、かつては4つのコースから成り立っていたのですが、現在はキャリア形成支援制度導入コースと、職業能力検定制度導入コースの2つに再編されています。

キャリア形成支援制度導入コースは、定期的なセルフ・キャリアドック制度を導入・実施した場合、労働者に教育訓練休暇制度又は教育訓練短時間勤務制度を取得させる制度を導入・実施した場合が助成の対象です。

職業能力検定制度導入コースは、技能検定に合格した従業員に報奨金を支給する制度を導入・実施した場合、社内検定制度を導入・実施した場合、事業主団体等のみを対象としますが、業界検定制度を作成し、構成事業主の労働者に当該検定を受検させた場合にも女性を行ってくれるものです。

助成額はどちらのコースも同じです。

生産性要件を満たしている企業については、助成額を引き上げる措置が取られます。

適用する人数や日数は、企業の規模によって変化します。

この助成金制度は人材育成に特化したもので、企業の体力をアップさせる効果があります。

今まで以上に生産性が向上するような結果が残せるようであれば、事業主に上乗せされた助成金の支給が行われるのも特徴です。

つまり、努力して成果を残すことができると、優れた人材を手に入れるだけでなく、企業が背負うコストの削減も同時に行われます。

人材開発支援助成金は計画の立案から実行、成果の検証に至るまで、助成金の条件を満たすために細かな確認が必要です。

企業の規定を考え直すなど、働く人が守られるシステムを作ることも必要です。

人材開発支援助成金のメリットを手に入れるためにも、企業がしなければならないことを客観的にコンサルティングできるパートナーを求める事業主が増えています。

それは、制度を導入して助成金支給を確実に受けなければ、企業負担が増えてしまうからではないでしょうか。

助成金申請書類の作成や企業に新たな制度を盛り込むことも大きな負担となるはずです。

それを解決するためにも、助成金コンサルティングの力を借りて導入を検討する企業が増えています。